2009年 07月 14日

橋場報告 山谷地域の高齢化

5月9日に行われた勉強会に参加された小磯明さんがこの地域の問題に深く関心を持ってくださいました。
聞いて見たことにプラスして、ご自分で調べられたことも含めて寄稿してくださいました。
何回かに分けて発信します。
 

山谷地域の高齢化と住宅保障
 日本文化厚生農業協同組合連合会職員  小 磯  明

2. 山谷地域の高齢化

(1)橋場2丁目アパート
 橋場2丁目アパートは、9号棟、10号棟、そして15号棟の3棟で構成される都営アパートである。3つのアパートの名称に連続性がないのは、台東区が号棟の名称として、台東区橋場2丁目16番15号に所在することから、「15号棟」と名づけたことによる。つまり、9号棟の住所は9号に所在し、10号棟は10号に所在することになる。
 まず、現在の橋場二丁目アパート及び周辺住宅の世帯・人口・高齢者の状況を表1から確認してみよう。
 15号棟は、他の号棟に比べて世帯数、人口が多い。15号棟の世帯数は9号棟の4.4倍、10号棟の4.7倍である。同様に棟の人口を比較すると、9号棟の4.3倍、10号棟の4.9倍である。このように15号棟は、世帯数、人口とも他の棟に比べて多いことが第一の特徴である。
 次に、15号棟の世帯数241のうち、高齢者世帯数(率)は70世帯(29.0%)であり、単身世帯数(率)は40世帯(16.6%)である。9号棟(高齢者世帯21.8%、単身世帯12.7%)、10号棟(高齢者世帯5.9%、単身世帯5.9%)の高齢化状況と比べて高齢者世帯と単身世帯の率が高いことが第二の特徴である。これを人口でみると高齢化率はさらに高くなり、9、10号棟が2割前後であるのに対し、15号棟では37.2%と4割近くが高齢者という状況になる。65歳以上高齢者のうち、一人暮らし高齢者数では9号棟が44.0%と4割を超えることに目を引かれるが、15号棟でも3割を超える一人暮らし高齢者55世帯が生活しており、世帯数が多いことを考えると見守りや支援の必要性は強調されるべきである。

表1 橋場二丁目アパート及び周辺住宅の世帯・人口・高齢者の状況
※ 表が示せませんでした。
  すぐに載せるようにします。

注1)本表でいう「高齢者世帯」とは65歳以上の高齢夫婦世帯のことをいう。「一人暮らし高齢者世帯」とは、65歳以上の単身高齢者のみの世帯のことをいう。
(出所)「住まい・福祉・まちづくりネットワーク 第5回勉強会」(2009年5月9日)細貝利夫氏提供資料に加筆して筆者作成。
(資料)2008年度に細貝利夫らが2回にわたり行った、都営住宅全戸地域訪問調査から作成。なお、正確な資料の調査年月日、及び調査方法の詳細は記載がないため不明である。
 
(2)清川住宅と石浜住宅
 住宅世帯数では、清川住宅の世帯数118、石浜住宅の世帯数は97であり、先にみた15号棟アパートほどの世帯数ではないが、9号棟、10号棟の倍ほどの世帯数を抱えた住宅である。高齢者世帯数や単身世帯数の状況は不明だが、このデータから最も注目すべきは、清川住宅、及び石浜住宅の高齢化率であろう。清川住宅の人口190人のうち、56.8%(108人)が65歳以上高齢者であり、石浜住宅の人口139人のうち実に64.7%(90人)が高齢者である。
 社会学者大野晃は、農山村の地域を観察し、過疎化などで人口の50%が65歳以上高齢者となり、冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になった集落を「限界集落」と呼んだ。清川住宅と石浜住宅は、大野の言葉を借りるならいわば「限界住宅」となっている。しかも清川住宅にはエレベーターがない。そのため5階に住む高齢者は、1階から5階への移動は肉体的に厳しい状況になっている。東京都では5階の居住者を低い階へ住み替えできるようにしている。それでも4階以下に空きがでなければ住み替えはできないことは周知の事実である。そのため、まだ何軒かの居住者はそのままである。
 これらの結果は、入居者の要介護度等が不明であることから確実なことはいえないが、一般的には加齢とともに要介護度は高まり医療と介護の必要性が高まることは必然であり、生活に困難が予想される結果といえよう。
[PR]

# by kentikunet-sumai | 2009-07-14 01:19 | 第5回勉強会
2009年 07月 13日

橋場報告 はじめに

5月9日に行われた勉強会に参加された小磯明さんがこの地域の問題に深く関心を持ってくださいました。
聞いて見たことにプラスして、ご自分で調べられたことも含めて寄稿してくださいました。
何回かに分けて発信します。
 

山谷地域の高齢化と住宅保障
 日本文化厚生農業協同組合連合会職員  小 磯  明

1. はじめに

 本稿は、NPO法人建築ネットワークセンターの部会である、「住まい・福祉・まちづくりネットワーク」が開催した、「住まいの安心は地域の取り組みから」「『橋場都営住宅』と周辺地域」に関する第5回目の勉強会の報告である。2008年夏の第4回目の「都営住宅を考える『戸山ハイツ』見学会と懇談会」は、多くの参加者で関心の高さを示した勉強会であった。その後も、都営住宅をめぐる動向は、急な建て替えと住民の住み替えなど悪化の方向が強められている。今回の勉強会では、40年近く前に改良住宅を住民の力で実現し、その後都営住宅となった「橋場都営住宅」、そして訪問看護ステーションやデイサービスで、山谷の人々の生活を支えるNPO法人コスモスの取り組みを学習することが会の目的であった。

 勉強会は、2009年5月9日午後から、橋場2丁目都営アパート15号棟2階集会室(台東区橋場2-16-15)で開催された。内容は、最初に「都営住宅の現状と課題」と題して、橋場都営住宅居住者の細貝利夫さんが報告した。次に、「山谷地域での訪問看護の取り組みとコスモスハウスの建設」と題して、NPO法人訪問看護ステーションコスモス代表の山下眞実子さんが報告した。当初の予定では、「簡易宿泊所の現状と課題」と題して、山谷簡易宿泊所の番頭の方の報告が予定されていたが、残念ながら諸事情から当日は欠席となった。

 2題の報告のあと、会場からの質疑応答を受けたのち、都営住宅やコスモスハウス(簡易宿泊施設)を見学させていただいた。13時半から開催された勉強会は17時過ぎに終了し、完成したコスモスハウス見学後に解散した。当日の参加者は、地元住民の方々や建築家、ジャーナリスト、まちづくりの運動家やコンサルタントの方など約50人で、住まいと福祉、そしてまちづくりへの今日的な関心の大きさがうかがわれた。

 以下本稿はまず、細貝利夫氏が発表した「都営橋場2丁目アパート15号棟の現状と課題」、及び「住まいの安心は地域の取り組みから―『橋場都営住宅と周辺地域』」の資料から、「山谷地域の高齢化と住宅保障」について報告し、次稿以降は「橋場都営住宅と住民運動」、「山谷の歴史」や「山谷地域での訪問看護の取り組みとコスモスハウスの建設」の報告等について、勉強会の内容と山谷が抱える課題、筆者の感想等について述べる。
[PR]

# by kentikunet-sumai | 2009-07-13 00:29 | 第5回勉強会
2009年 05月 11日

たくさんのご参加ありがとうございました

 住まい・福祉・まちづくりネットワーク第5回勉強会を5月9日(土)午後に行いました。
 予想を超える37名の方に参加していただきました。
 都営住宅や東京保健生協の組合員のみなさま本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 お話は、
1)都営住宅の現状と課題    橋場都営住宅の居住者である細貝利夫さん
2)山谷地域での訪問看護の取り組みとコスモスハウスの建設
                山下眞実子さん(NPO法人訪問看護ステーションコスモス代表)

 お話の後、細貝さんの案内で都営アパートの現状、山下さんの案内で無料クリニックや終末期ケアホーム、そして11日からオープンするコスモスハウスを見せていただきながら、「山谷地域」の現状を感じながら歩きました。
 今後、皆さんからの感想を載せていきたいと思います。

b0171884_1165520.jpg

               細貝さんのお話
b0171884_1171694.jpg

               山下さんのお話
b0171884_1174892.jpg

              都営住宅1階にある仕事場(住宅併用)
b0171884_118773.jpg

              都営住宅の1階部分は仕事場
b0171884_118273.jpg

              「山谷」地域にできた無料診療所
b0171884_1185058.jpg

              古い簡易宿泊所が新しい建物に変わってきている
b0171884_119624.jpg

              コスモスハウス「おはな」
[PR]

# by kentikunet-sumai | 2009-05-11 01:19 | 第5回勉強会
2009年 04月 21日

ご案内「住まいの安心は地域の取り組みから」

住まい・福祉・まちづくりネットワーク
第5回勉強会

住まいの安心は地域の取り組みから〜「橋場都営住宅」と周辺地域〜

■とき:5月9日(土) 13:30〜
■場所:橋場2丁目都営アパート15号棟 2階集会室
      (台東区橋場2−16−15、最寄駅「南千住」駅徒歩約15分)
■お話:
1)都営住宅の現状と課題    橋場都営住宅の居住者
2)簡易宿泊所の現状と課題    山谷簡易宿泊所・番頭さん
3)山谷地域での訪問看護の取り組みとコスモスハウスの建設
                山下眞実子さん(NPO法人訪問看護ステーションコスモス代表)
■意見交換と見学会
  質疑や意見交換の後、都営住宅やコスモスハウスを見学させていただきます。
  コスモスハウスは訪看ステーションコスモス(台東区日本堤1-12-6)の斜め前です。
■資料代 500円 (都営住宅居住者など地域の方は割引にします)

b0171884_11451690.jpg


[PR]

# by kentikunet-sumai | 2009-04-21 00:38